ハイライト
  • 農業用ロボットが断続的な接続を行うことにより作物と土壌の状態に関するデータをアップロード
  • Litmus Edgeがデータを正規化してAWSクラウドへネイティブに統合
  • 農業エンジニアが該当データを使用して作物の状態を監視し変更を加える
  • 集中管理によってソリューションを数百台のロボットへ拡張することが可能
  • 時間と費用を節約しながら、物理的な土壌サンプリングの取得を不要にして作物の収穫量を改善

EUを拠点とする食品メーカーの成長事業部門は、作物をより効率的に栽培し、その収穫量を増やすために事業の近代化を図っていました。彼らは、雑草を排除する農業ロボットやデジタルセンサーを備えた垂直農法コンテナなど、複数の接続済みアセットを展開しました。最近この部門は、これらのアセットに対してLitmus Edgeを稼動させるゲートウェイを追加し、作物の状態を改善するために農業データを収集および処理しました。

この斬新な断続接続のユースケースにおいて農業用ロボットは、農地で作業を行い、全ての対応が終わるとドッキングステーションに戻ります。これらのロボットがインターネット接続を行うと、Litmus Edgeがデータを正規化してAWSクラウドに送信します。その後農業エンジニアは、どこからでもデータにアクセスして、作物や土壌の状態などを監視することができるようになります。

Litmus Edgeは、プログラミング不要で現場のアセットに安全、迅速、簡単に展開できるため、この最先端のアグリテック・プロジェクトに向け選定されました。お客様は既に、クラウド環境としてAWSを選択していましたが、Litmusには事前にプリビルトされた統合機能が搭載されていたため、わずか数ヶ月で最初から最後まで全てを稼動させることができました。本ソリューションは、Litmus Edge Managerを使用して簡単に拡張することができ、大量のブートストラップ、ライセンスやファームウェアの管理、およびアプリケーションの展開が可能となります。

お客様は、物理的な土壌サンプリングをアグリテック・プロジェクトに完全に反映されるための道を進んでいます。Litmus Edgeが収集してAWSに送信するデータによって、エンジニアは必要に応じてフィールドチームに散水と雑草防除の対応を指示し、作物の状態と収穫量を改善することができます。変更および意思決定は、フィールドから得られる実際のデータに基づいて行われるようになり、これまでになく迅速かつ容易な対応が可能となりました。