大規模な Litmus Edge 環境を一元管理

あらゆる数のエッジデバイスのデータを一元的に管理し、集約することが可能な Litmus Edge Manager によって、エッジデバイスやアプリケーション、導入状況に関する全体像を把握できます。Litmus Edge Manager を使用することで、ユーザーは、クラウドまたはデータセンターレベルからエッジに至るまで、コンテナ化されたアプリケーションを作成、オーケストレーション、管理、そして更新することができるようになります。

  • 集中管理

    サイト数に関わらず、導入した全てのLitimus Edgeを1ヶ所からコントロールし、デバイスやデータ、アプリケーションを集中的に管理できます。
  • 大規模な導入

    大規模なプロビジョニングおよび、任意の数の生産ラインやサイトにおけるエッジライフサイクル全体での大規模なLitmusEdge導入における複雑さを軽減します。
  • データセンターでもクラウド環境でも

    ローカルデータセンターまたはクラウド環境にLitmus Edge Managerをインストールすることで、ビジネスに関わる全ての担当者の間でダッシュボードや分析機能を共有し、データサイロを排除し、追加のユースケースを実現します。

Litmus Edge Manager の動作の仕組み

Litmus Edge Manager は、どんな数のLitmus Edgeについても集中的に管理することができます。柔軟なアプリケーションオプションによって、デバイスのライフサイクルを管理し、エッジから得られたインテリジェンスを企業全体で可視化することが可能です。

Litmus Edge Manager
Litmus Edge Manager
  • データ連携

    ビルトインされたメッセージブローカーを使って、Litmus Edge 全体のデータを統合し、1つのコネクションでビッグデータレイクやエンタープライズシステムへ投入することができます。

  • デジタルツインとデータモデル

    あらゆるデジタルツインやデータモデルを導入および管理し、アセットに関連するデータを構造化し、該当モデルを Docker 化してアクションを起こすことができます。

  • アプリケーションのオーケストレーション

    コンテナ化されたアプリケーションを構築し、どんな数の Litmus Edge に対しても、導入、管理、そしてアップデートを行って、エッジ側で管理することができます。

  • データストレージと可視化

    自由な設定が可能なユーザーインターフェースを使って、ダッシュボードや KPI レポートを素早く作成することで、デバイスや生産設備全体のリアルタイムデータを可視化することができます。

  • エッジデバイス管理

    どんな数の Litmus Edge にも接続して、デバイスのブートストラップやリモート管理、さらに大規模な構成に至るまで、広範なデバイス管理が可能です。

  • Edge の導入管理

    特定の製造ラインに最適となる Litmus Edge 設定を行い、Litmus Edge Manager を使ってテンプレート化することで、他の製造ラインやサイトで再利用することができます。