全てのLitmus Edgeの展開を一元管理

Litmus Edge Managerは、複数の施設へ大規模な形で展開したLitmus Edgeを容易に管理することができます。大規模で安全な導入、 OTA(無線経由)によるアップデートや自動対応によって、ブートストラップから交換に至るまで、エッジデバイスを容易にコントロールすることができます。Litmus Edge Managerなら、どんなインダストリアル・エッジコンピューティングプロジェクトにおいても、容易な拡張やデバイスの追加、そして大規模で広範なコントロールが可能になります。

Litmus Edge Manager
Litmus Edge Manager
  • どんな数のエッジについても1箇所からの集中管理が可能

    最新、またはレガシーなデバイスからデータを収集し、Litmus Edge Managerを使用して、全てのデバイスのブートストラップから交換に至るまで、そのライフサイクル全体を管理することができます。また全てのエッジデバイスに対して、OTA(無線経由)によるアップデートやリモート設定を行うことで、時間とコストを節約できるようになります。

  • 分析や可視化に向けたデータの保存と管理

    Litmus Edgeデバイスから正規化されたデータにアクセスし、Litmus Edge Managerで可視化や分析を行うことができます。エッジデータをクラウドやビッグデータアプリケーションと連携させて、高度な分析や機械学習をモデルを実行し、その結果をエッジデバイスに反映させることができます。

  • データインテリジェンスをリアルタイムに監視して対応

    リモートからエッジデバイスの稼動状態を監視し、必要に応じてLitmus Edge Managerを使用して迅速な対応を取ることができます。エッジデバイスの数に関わらず、通知やアラート、インシデント管理、さらに自動対応の設定を行い、大規模なIIoTの導入作業の強化を図ることができます。

  • エッジアプリケーションの作成、導入、管理、アップデート

    ユーザーは、Litmus Edge Managerを使用することで、クラウドまたはデータセンターレベルからエッジに至る、Litmus Edge向けのコンテナ化されたアプリケーションを作成、オーケストレーション、管理、そして更新することができます。またアプリケーションの稼動状況の管理やログの確認を行い、様々なアプリケーションを同時管理することで、システムの運用状態を改善ことができます。

Litmus Edge Manager 動作の仕組み

Litmus Edge Managerは、どんな数のLitmus Edgeについても集中的に管理することができます。柔軟なアプリケーションオプションによって、デバイスのライフサイクルを管理し、エッジから得られたインテリジェンスを企業全体で可視化することができます。

Litmus Edge Manager
Litmus Edge Manager
  • エッジデバイスの接続と管理

    どんな数のLitmus Edgeについても、Litmus Edge Managerに接続することで、デバイスのブートストラップやリモート管理から、OTAによるアップデート、そして大規模な構成に至るまで、広範なデバイス管理機能を利用することができます。

  • マーケットプレイスの管理

    Litmus Edgeで使用するあらゆるコンテナ化アプリケーション(Docker、OCIなど)を作成、管理、アップデートすることができます。Litmus Edge Managerでマーケットプレイスカタログを作成し、エンタープライズ規模のマーケットプレイスに対して、ワンクリックでアプリケーションを追加することができます。

  • アプリケーションのオーケストレーション

    1つのアプリケーションを作成して、数百あるいは数千のエッジデバイスに展開することができます。全てを1つの画面(ビュー)から管理できることで、IT担当者の負荷を軽減すると共に、各地に分散した企業に対しても、統一的なエクスペリエンスを提供することができます。

  • リモートデータの収集と保存

    データは正規化され標準的なフォーマットでLitmus Edge Managerに投入され、どんなタイプのデータベースやクラウドシステムに対しても保存が可能であり、さらにLitmus独自のデータベース管理システムを利用することもできます。

  • データのインサイトと可視化

    Litmus Edge Managerには、自由に構成が可能なユーザーインターフェースが含まれ、ダッシュボードやKPIレポートを迅速に生成することができます。全てのデバイスや工場からのリアルタイムデータを可視化できるダッシュボードについても、容易に作成することができます。

  • 組込み済みのデータ統合機能

    Litmusの組込み済みKafkaメッセージブローカーを使って、Litmus Edge全体のデータを統合し、ビッグデータレイクやエンタープライズシステムに投入することができます。Kafkaは、リアルタイムデータパイプラインを作成するために使用されます。