優れたテクニカルサポート

Litmusのテクニカルサポートスペシャリストの専任グループは、皆様がエッジに接続してリアルタイムにデータを収集、分析、管理、そして対処する、あらゆる段階で支援を提供させていただきます。

  • 比類ない高度な専門知識

    テクニカルサポートの担当者は、エッジコンピューティングとIIoTに関する幅広い経験を持っています。Litmusは、レガシーな機器やPLC、Docker、データベース、ITネットワーク、さらに連携機能に関する専門知識によって、OTやIT部門の方々を支援します。

  • 顧客満足度

    Litmusが実施したカスタマーサポート調査の結果では、この業界としては極めて高いレベルの顧客満足度が得られたことが明らかになっています。Litmusのお客様は、Litmusのサポート対応時間、問題解決、プロジェクト完了までの支援能力に95%満足していると回答しています。

  • プロアクティブな監視

    お客様からの連絡を待つのではなく、Litmusは継続的にインフラストラクチャーを監視し、稼動状況やパフォーマンスに影響を及ぼすような問題を把握します。さらに担当チームの一部は、Litmus EdgeやLitmus Edge Managerに関する問題へのプロアクティブな対応に特化しています。

サポートについて営業に問い合わせる

サポートFAQ

  • Litmus EdgeからAzure Hubへのデータについては、どのように解析すればよいですか?

    Litmus Edgeは、ノースバウンドのコネクタで構成される連携機能 (Integrations) と呼ばれるコンポーネントを備えています。ユーザーは、Flowsを使って必要なフォーマットに従ってデータを解析し、Litmus内部のメッセージブローカーにパブリッシュして、該当データをMicrosoft Azureに転送することができます。さらにユーザーは、Litmus Edgeのローフォーマットでデータを、Azureにをワンクリックで転送することも可能です。

  • テンプレートはどんな粒度で導入できますか?

    現在は、PLCの設定とFlows向けのテンプレートが存在します。ユーザーはその両方を組み合わせ、必要なだけテンプレートを作成することができます。これらのテンプレートを、システム管理者がLitmus Edge Managerにアップロードし、全ての施設、あるいは全社的に展開することが可能です。

  • Litmus Edgeによって、どのようにSQLコンテナを作成できますか?

    まずサイドバーで[Applications](アプリーション)を選択します。次に、アプリーションメニューで [Marketplace](マーケットプレイス)を選択します。そこで適切なコンテナを選択してください。

  • なぜダッシュボードには、履歴データが保存されないのですか?

    Flowsはデフォルトでは履歴データを保存しません。履歴データを保存したい場合は、マーケットプレイスにデータベースコンテナを作成して、データを保存できるようにしてください。

  • なぜFlowsでは、全てのノードがバックアップされないのですか?

    これが発生するケースは、多くの場合カスタムノードの使用が原因となっています。Flowでカスタムノードを使用する場合、カスタムノードをダウンロードし、再インストールする必要があります。カスタムノードはバックアップに含まれません。

  • マーケットプレイスで未知のコンテナを防ぐことはできますか?

    Litmusは、Dockerが提供するセキュリティ機能に依存しています。デプロイする場合、証明書ベースの認証を使ってプライベートレジストリを追加し、レジストリにあるイメージを使ってコンテナを立ち上げることができます。