最も高い価値を持つ発生元のマシンデータに基づいた対応

Litmus Edgeは、一切のプログラミング不要で、デバイスやマシン、コントローラー、そしてセンサーに接続できる、唯一のエッジコンピューティングプラットフォームです。発生元でデータを処理して分析を加え、オペレーターに対してタイムリーにる可視性を提供することで、ラインの停止や業務リスクの発生に迅速かつ適切に対応できるようにします。

Litmus Edge
Litmus Edge
  • あらゆるPLC、CNC、ロボットシステムに対し、プログラミング不要ですぐに接続が可能

    Litmus Edgeに組み込まれたプリロード済みの、数百に及ぶデバイスドライバーを使用することで、一切のプログラミング不要で、どんなPLCやCNC、ロボットシステム、センサーに対しても、すぐに接続することができます。Litmusが提供する業界最先端のドライバーライブラリを活用して素早くデバイスに接続することで、かつてないスピードでの価値提供が可能となります。

  • データをリアルタイムに収集、処理、正規化

    Litmus Edgeでは、エッジでのリアルタイムな分析、監視、可視化、そしてインサイトの取得に必要となるデータを、産業用デバイスから収集し、必要なデータ処理と正規化を行って保存します。正規化されたデータは、エッジ、ビッグデータ、クラウドやエンタープライズシステム間で容易に共有することができます。

  • 発生元でリアルタイムデータを分析して対処

    事前に組み込まれたプリロード済みのKPIを活用して、アセットの使用率、アセットの稼働時間と停止時間、さらにキャパシティの利用率などを確認することができます。またデータの発生元で、事前に定義されたイベントをベースにリアルタイムのアラートを設定し、対応を取ることができます。さらにエッジデータを高度な分析や機械学習モデルの実行で活用し、これらの結果をエッジデバイスに反映させることができます。

  • あらゆるクラウド環境やビッグデータ、エンタープライズアプリケーションと連携

    Litmus Edgeでコネクタを設定し、Azure、AWS、SAPなどのクラウド環境、ビッグデータやエンタープライズアプリケーションに対して、エッジから容易にデータをパブリッシュすることができます。逆に、これらのエンタープライズシステムからのデータを、産業用デバイスに戻すこともできるため、エッジとあらゆる場所の間で双方向のコネクティビティを確立することができます。

  • 価値提供までの時間を加速する組み込み済みのエッジソリューション

    Litmus Edgeが提供するマーケットプレイス (Marketplace) を使って、アプリケーションやソリューション、サービスに関する極めて容易な管理とエッジへの導入が可能になります。45以上のプリロードアプリケーションやカスタムのアプリケーションを利用し、プライベートやパブリックのマーケットプレイスにパブリッシュすることも可能です。

  • 業務要件に合わせた柔軟な拡張が可能

    Litmus Edgeは、データを収集するセンサーを備えたどんな工場や倉庫に対しても、非常に容易に導入することができます。またエッジに存在するどんなゲートウェイやVM、サーバーに対しても、OSとしてインストールできるLitmus Edgeは、オフラインで導入することも、また産業用エッジシステムにセキュアかつ非侵襲的に接続することも可能です。

LITMUS EDGE の動作の仕組み

Litmusのインダストリアル・エッジコンピューティングプラットフォームは、アセットのコネクティビティ、データの収集、正規化、保存、分析、OT-ITのデータ連携機能、さらにエッジアプリケーションを45本以上揃えたマーケットプレイスを1つのソリューションとして統合し、あらゆるエッジゲートウェイ、サーバーやVM上でセキュアにホストすることができます。

Litmus Edge
Litmus Edge
  • アセットへの接続

    数百のプリロード済みドライバーとプロトコルを備えたLitmus Edgeは、最新またはレガシーなデータソースとすぐに接続することが可能です。またDeviceHubによって、コーディング不要で自動的にデバイスを検出することができます。

  • データの収集と処理

    Litmus Edgeでは、データを収集し標準フォーマットに正規化して、様々なLitmus Edgeコンポーネントに提供することで、ローカルに処理や分析を行ったり、サードパーティ企業と連携を図ることが可能となります。

  • ワークフローの定義

    ワークフローをカスタマイズして、Litmus Edge内部でデータを処理したり、データフローを設定することも、またデータをシステムの外部に提供することもできます。フローエディタは、ドラッグ・アンド・ドロップでの操作が可能で、Litmus Edgeのインターフェース内でコードを作成する必要はありません。

  • データの分析

    専用の分析機能や事前に組込み済みのKPIによって、手作業による設定や構成に必要な時間を大幅に低減することができます。また、一般的な産業向けKPIをベースにした分析機能によって、価値実現までの時間を短縮し、OTチームをデータサイエンティストへと変えることができます。

  • 対応措置を講じる

    プロセス改善に向けたアラートとワークフローを作成し、現場で得られたエッジインテリジェンスに応じて、すぐに対応措置を講じることができます。Litmus Edgeは、特定のしきい値に応じてアセットにコマンドを送り返したり、OTチームにアラートを送信することができます。

  • ソリューションの構築

    45以上のアプリケーションをプリロード済みのパブリックマーケットプレイスを使って、エッジでのデータ分析を行うことができます。カスタムアプリケーションを開発し、Litmus Edgeや自社のプライベートマーケットプレイスに導入したり管理することも可能です。

  • データの共有

    組織全体でデータを共有し、OTとITのシームレスな連携を実現できます。該当データをエッジで分析し、クラウドやデータレイクにアップしたり、エンタープライズアプリケーションと連携して様々な業務要件に対応することができます。

  • 機械学習

    Litmus Edgeで収集、分析した重要なエッジデータを使用して、エッジ側にイベント処理や機械学習モデル、さらにLambda機能を導入できます。リアルタイムな業務意思決定における精度向上に向け、インテリジェントなモデルを実行します。

  • 最適化

    フィードバックループによって、アセットに対して重要なデータを送り返し、継続的な最適化を行います。恒久的なフィードバックループが、エッジに対してインテリジェンスを提供し、製造現場における効率や稼働時間、さらに収益率や品質を向上させることができます。