エッジにインテリジェンスを提供することで、レガシーシステムの有効活用を図る

レガシーシステムは、工場内で特定の作業を遂行するという、1つの目的に向け構築されました。これらのシステムは、増強、拡張、クラウドとのやり取り、さらに予防保守や人工知能といった、新しい機能の実現に向けたインテリジェンスを提供できるように構築されてはいません。このホワイトペーパーをお読みいただき、これらのレガシーシステムが抱える課題を解決し、コストを削減し、市場投入までの時間を短縮して、堅牢かつスケーラブルなエッジコンピューティングソリューションを実現するため方法についてご確認ください。

インダストリアルIoTに向けたレガシーシステムの転用