リアルタイムデータを活用して、稼動時間、 パフォーマンス、そして品質を向上

計画外のラインの停止による、1時間当たりの平均損失額が10万ドルと言われている現在、スマート・マニュファクチャリングは必須な存在となっています。Industry 4.0 に対応する企業には、予兆なしにオペレーションに障害を生じさせる機器の動作に対する十分な把握が求められており、その結果、 多く企業が OEE の向上に着目するようになっています。Litmus のエッジプラットフォームによって、アセットデータの収集と分析を行い、すぐに利用可能な KPI によって、OEE の算出を大幅に簡素化することができます。Litmus は、OT や IT チームが製造の稼動時間、パフォーマンス、そして品質の向上を図る上で不可欠となるデータを提供します。

1つのプラットフォームであらゆる産業用アセットのデータを収集、管理

どんな PLC や DCS、SCADA、MES、Historian、ERP に対しても数分で接続が可能な Litmus なら、比類のない迅速な価値実現が可能です。業界をリードするLitmus の 250以上のプリロードドライバライブラリによって、プログラミング不要でアセットに接続し、OEE の算出に必要なデータの収集をすぐに始めることができます。1つのプラットフォームで、どんな数のアセットや設備からでも、数百ものカスタムのデータポイントを収集し正規化することができます。

すぐに利用が可能なデータ監視、分析、仮想化機能

Litmus は、OEE やアセットの稼動率、稼動時間、停止時間、異常値の検知など、即座に利用できる プリビルドのKPI を提供しています。一般的な製造業の KPI をベースにした、すぐに利用が可能な分析機能によって、手作業による設定や構成に必要な時間を大幅に短縮し、迅速な価値提供を実現できます。リアルタイムのアセットデータ監視や、アラートの設定、必要な対応の実施によってOEE を向上させることができます。

ビッグデータやクラウドシステムとのデータ連携による、高度な分析と機械学習

正規化されたデータは、エッジ・ツー・クラウドのエンタープライズ連携によって、OT や IT システムのいずれでも直ちに利用することができます。収集済みのデータを、機械学習モデルや高度な分析機能に投入することで、稼動率を維持したままで、商品の品質向上を図ることが可能です。インテリジェントなモデルを実行し、その結果をエッジデバイスにフィードバックすることで、OEE やプロセスの改善を図ることができます。

Industry 4.0 のためのエッジプラットフォーム

柔軟性と拡張性に優れたLitmus のエッジプラットフォームは、Industry 4.0 への取り組みや、スマート・マニュファクチャリング、インダストリアル IoT、予防保守、機械学習といったユースケースに対応します。Litmus は、大規模なアセットの可視化、パフォーマンス、稼動時間の向上に必要なデータの収集、分析、管理、および OT-IT の連携機能を提供します。

Litmus の利用を開始する

Litmusとの協業は、迅速かつ簡単で、あらゆる製造企業の皆様は、エッジから迅速に価値を引き出し、運用効率を改善することができます。Litmusにご連絡いただき、今すぐデジタル・トランスフォーメーションを開始しましょう。