優れた柔軟性と拡張性を備えたプラットフォーム

Litmus Edge は、単一のソリューションとして、あらゆるソースからリアルタイムデータを収集し、正規化、分析、そして統合することで、企業に対してデータの全体像を提供します。

• インターネット接続不要で、エッジに安全かつローカルな導入が可能です
• エッジに存在するどんなゲートウェイ、VM、サーバーに対してもインストールすることができます
• インストール済みのデバイス上に、または USB 経由での迅速な導入が可能です
• Web ブラウザまたはターミナルユーザーインターフェース (TUI) 経由で、直観的なWebインターフェースにアクセスすることができます
• どんな数のサイトやアセットについても安全に管理することができます
• あらゆる場所から Litmus Edge にアクセスしてリモート経由で問題を診断できます

デバイスのコネクティビティ

PLC、DCS、SCADA、Historian、センサー、ERP など、どんな産業用アセットに対しても、プリロードされたドライバを使って、プログラミン不要で迅速に接続することが可能です。

• シームレスにネットワークをスキャンし、インダストリアルアセットをコーディングなしに追加できます
• 250 以上のレガシーなインダストリアルシステムやプロトコルに、直ちにアクセスが可能です
• DeviceHub インターフェースを使って、デバイスの追加、変更、リフレッシュ、開始、停止、削除することができます
• ネットワーク上のデバイスにコネクトし、データを収集する方法を定義できます
• ドラッグ&ドロップのフローエディタを使って、デバイスのコネクティビティをテストしたり、ワークフローのカスタマイズが可能です

データ収集

どんな数のアセットからでも、数百ものカスタムのデータポイントを収集し、あらゆるアプリケーションが利用できるよう、1つの標準フォーマットに正規化します。

• 拡張性と安全性に優れた時系列データベースに、正規化されたデータを保存できます
• テラバイトのストレージにインデックスデータを使用出来ます
• 全てのデータストレージに、influxdbの最適化バージョンを使用できます
• ローカルのメッセージブローカーにデータをプッシュし、直ぐに利用できるようにします
• SDKと非ネイティブな REST API による、ネイティブなデータアクセスが可能です
• エンタープライズグレードのコールドストレージと統合
• 全てのデータポイントは、デバイス管理、アラートおよび分析のために、事前分析済みのキューブを保持します

リアルタイム分析

リアルタイムでアセットデータを監視し、稼動時間や停止時間、異常値検知といった、一般的な KPI を基にアラートを設定し、いつでも分析を実施することができます。

• すぐに利用可能な分析機能によって、手作業による設定や構成に費やす時間を大幅に低減することができます
• コーディング不要で、OEE、稼働時間、停止時間などのKPI を設定できます
• 平均、最大、最小値で、時系列データ分析を設定できます
• ライブデータに対して、統計および分析クエリを実行できます
• ドラッグ&ドロップエディタを使ってワークフローを定義し、データの操作や可視化が簡単に可能です
• Grafana オープンソースベースのダッシュボードを使用できます
• 可視化機能、BI ダッシュボード、カスタムの SQL スクリプトによる分析を、数クリックだけで作成可能です

アプリケーションマーケットプレイス

パブリックまたはプライベートのアプリケーションマーケットプレイスから、ワンクリックでアプリケーションをオーケストレーションしたり、Docker コンテナベースのアプリケーションを展開することができます。

• ローカルアプリケーションリポジトリであるLitmus Edge マーケットプレイスを使って、オンデマンドでアプリケーションを立ち上げ、エッジレベルで分析を行うことができます
• デフォルト設定で 45 以上のアプリケーションをパブリックマーケットプレイスで利用できます
• プライベートマーケットプレイスを追加して、既存のカスタムアプリケーションを利用することができます
• マーケットプレイスには、プロプラエタリの Docker コンテナベースのアプリケーションも追加できます
• 複数のデバイスに、Docker アプリケーションをワンクリックで導入することができます
• ゼロタッチでのプロビジョニング、大規模管理、およびアプリケーションオーケストレーションが可能です
• (Docker での) アプリケーションのオーケストレーションやライフサイクル管理を、1ヶ所から集中的に実施することができます

データ連携

付加価値の高いすぐに利用できるデータを、あらゆるクラウドやエンタープライズアプリケーションに対して素早く提供することで、OTから ITに至るデータの全体像を把握することができます。

• プリビルドのコネクタを使って容易にクラウドと連携し、データの可視化やデバイスの管理を行うことができます
• ネイティブな Kafka やデータベースインターフェースを使って、収集したデータをビッグデータへフィードできます
• MQTT による、デバイス – Litmus Edge のデータ収集と事前処理が可能です
• REST API 連携によるワークフロー

機械学習のランタイム

正規化されたデータを使って機械学習モデルをフィードし、アセットで新しいモデルを稼動させ、フィードバックループを回しながら、継続的に最適化を行っていくことができます。

• Litmus Edge に用意された分析機能を使って、機械学習処理を動かすことができます
• モデルを活用し、予測や分類、異常値の検知が可能です
• TensorFlow からモデルを保存し、Litmus Edge の分析機能にアップロードできます
• プリビルドの容易に設定可能なコネクタを使って、Cloudera や Azure、Oden などにアクセスし、機械学習を迅速に導入できます
• 機械学習モデルに、正規化データをフィードできます
• エッジに存在するモデルを使って、ローカルデバイスからデータ取り込み、クラウドベースのプラットフォームから受けたトレーニングをベースにアクションを起こすことができます
• アセット側で新しいモデルを稼働させることで、リアルタイムでの修正対応が可能です