デバイス

これらの機能によって、Litmus Edgeをあらゆるデバイスに素早く容易に実装し、わずか数分以内にデータを収集できるようになります。

  • ネイティブなドライバー

    プリインストールされたデバイスまたはUSB経由でLitmus Edgeを導入し、同じネットワーク上にある任意のブラウザから、容易にそのインターフェースにアクセスすることができます。またネットワークをスキャンし、コーディング不要で数千種類もの産業用デバイスをシームレスに追加することができます。

  • 隔離された通信

    ドラッグ&ドロップで操作できるフローエディタを使って、接続テストやトラブル対応が可能になるほか、データをクラウドやローカルファイル、データベースに送るようワークフローをカスタマイズすることもできます。なおこの際、Litmus Edgeインターフェース内でコーディングを行う必要はありません。

  • 正規化データ

    デバイスが接続され、ワークフローが確立されると、Litmus Edgeはデータを収集して、1つの標準フォーマットへデータを正規化します。該当データは、Litmus Edgeで使用することも、またサードパーティーのエンタープライズアプリケーションに提供することもできます。