Litmusは、IT担当者向けに設計され、エッジで操作される
柔軟かつスケーラブル、そしてセキュアな
デプロイメントオプションを提供します

柔軟性

エッジ、クラウド、またハイブリッドモデルの形態で展開されるLitmusは、あらゆる環境で機能するように設計されています。

拡張性

1台のマシンや複数のサイトを繋ぐLitmusによって、エッジからクラウドへの展開を大規模かつ容易に管理することができます。

セキュア

セキュアなエッジまたはクラウド展開に向け構築されたLitmusは、アセットやデータに対して比類のない保護機能を提供します。

エッジへのデプロイメント

Litmusはエッジに展開することができ、ローカルIT担当者によって管理されます。そして同様にシステム運用の改善に向け、マシンのオペレーター、スーパーバイザー、およびマネージャーによって使用されます。またLitmusは、オンプレミスのソリューションとして、アセットに隣接するゲートウェイ、仮想マシン、またはローカルサーバー上に展開されます。マシンに接続するためのセキュアな手段を必要とし、エンタープライズネットワークの外側で実行できるソリューションを求める組織にとって、ローカルエッジへのデプロイメントオプションは理想的なものとなります。

  • Litmusは、任意のゲートウェイ、VM、またはローカルサーバー上でOSとして実行されます
    Litmusは、直接またはローカルネットワーク経由で任意のマシンに接続します
    全てのLitmus Edgeデバイスに関する集中管理機能はオンプレミス環境に展開され、ローカルIT担当によって使用されます

クラウドへのデプロイメント

Litmusはクラウド環境に対して展開することができ、エンタープライズIT担当者によって管理されます。そして同様にシステム運用の改善に向け、オペレーター、スーパーバイザー、および企業データユーザーによって使用されます。エンタープライズネットワークを使用してエッジとクラウドを繋げ、組織全体でデータを共有するためのセキュアな方手段を必要とする組織にとって、クラウドへのデプロイメントオプションは理想的なものとなります。

  •  Litmusは、クラウド仮想マシン、Dockerコンテナー、またはKubernetes上でOSとして実行されます
    Litmusは、IT定義のポリシーを使用して、ネットワーク経由で任意のマシンにセキュアに接続します
    全てのLitmus Edgeデバイスに関する集中管理機能はクラウド環境に展開され、大規模なデプロイメントを行うIT担当によって使用されます

ハイブリッド環境へのデプロイメント

Litmusは、エッジおよびクラウドに対するハイブリッドモデルの形態で展開することができ、ローカルIT担当とエンタープライズIT担当の両者によって管理されます。そして同様にシステム運用の改善に向け、オペレーター、スーパーバイザー、データユーザーによって使用されます。ハイブリッド環境への展開では最大限の柔軟性が提供され、ローカルチームが必要な機能や性能を発揮できるようにすると共に、エンタープライズIT担当がクラウド環境からデバイス、セキュリティ、およびインフラストラクチャーの管理や制御を行えるようにします。

  • エッジにおけるLitmusは、エッジコンピューティングプラットフォームとして機能し、デバイス接続、データ収集、マシン分析、実行中のアプリケーションなど全てのオンプレミス機能を実行します
  • クラウド内のLitmusは、一元化された管理プラットフォームとして機能し、全てのクラウド機能(セキュアなデバイス、データ、およびアプリケーションの管理)を実行します。
  • エッジからクラウドへのセキュリティはIT担当によって管理され、エッジにおけるユースケースはローカルチームによって決定されます