• 概要

    Litmus Edge は、プログラミング不要で、デバイス、機械、コントローラー、センサーを接続します。発生元でデータを処理して分析を加え、オペレーターに対してタイムリーに可視性を提供することで、ラインの停止や業務リスクの発生に迅速かつ適切に対応できるようにします。

  • デバイス

    数百のプリロード済みのドライバーとプロトコルを備えたLitmus Edgeは、最新またはレガシーなデータソースとすぐに接続することが可能です。またDeviceHubによって、コーディング不要で自動的にデバイスを検出することができます。

  • 分析機能

    専用の分析機能や事前に組込み済みのKPIによって、手作業による設定や構成に費やす時間を大幅に低減することができます。すぐに使える分析機能を利用して、アセットの使用率、アセットの稼動時間と停止時間、さらにキャパシティの利用率などを確認することができます。また、データの発生元で事前に定義されたイベントをベースにリアルタイムのアラートを設定し、対応を取ることができます。

  • マーケットプレイス

    Litmus Edgeが提供するマーケットプレイスを使用することで、アプリケーションやソリューション、さらにサービスに関する極めて容易な管理とエッジへの導入が可能となります。45以上のプリロード済みのアプリケーションやカスタムのアプリケーションを利用して、プライベートやパブリックのマーケットプレイスに対してパブリッシュすることも可能です。

  • 連携機能

    Litmus Edgeでコネクタを設定し、Azure、AWS、SAPなどのクラウド環境、ビッグデータやエンタープライズアプリケーションに対して、エッジから容易にデータをパブリッシュすることができます。逆に、これらのエンタープライズシステムから得られたデータを、産業用デバイスに戻すこともできるため、エッジとあらゆる場所の間で、双方向のコネクティビティを確立することができます。