Litmus のインダストリアル IoT プラットフォームは、
食品および飲料メーカーに対して、ゴールデンバッチを
最適化して規制要件を満たし、アウトプットとなる商品の改善に必要なマシンデータと分析機能を提供します。

Food and Beverage Industrial IoT

ゴールデンバッチに関連する条件の最適化

バッチに影響を与える全ての外部条件(温度、圧力、湿度等)のデータを監視および収集します。どのパラメータが理想的なゴールデンバッチに繋がるかを判断し、制御システムを使用して予期しない変更を相殺して再現性のある品質確保を行います。

規制要件を満たす

変更を追跡および報告するために、Litmusプラットフォームを使用して、規制当局による承認とプロセス登録をシンプル化します。全てのプロセスデータを収集および分析して変更を報告し、異常を検出して、バッチがいつ不良になるかを判断することで再発を防ぎます。

品質および歩留まりの改善

エッジで品質や生産歩留まりに関する計算を行い、そのデータをOTチームとITチームに提供することで、時間の経過と共にこれらの改善を行います。プラント全体または複数の施設からのデータをまとめて、全体的な生産プロセスに関するインサイトを拡大します。

Litmus インダストリアル IoT Edgeプラットフォームは、自動車メーカーがエッジでOTデータを活用する
ための手段をシンプル化します。

あらゆるデータソースへの接続

わずか数分でOTエッジの全てのセンサーまたはマシンに容易に接続することができます。マシンおよびシステム環境に関する完全なデータを収集し、企業全体のどこでも共有できるようにします。

ビッグデータシステムとの統合

プリビルドのコネクタを使用して、即座にOTデータをクラウドまたはエンタープライズのビッグデータアプリケーションに供給し、ビジネス全体に関わる品質関連パラメーターを統一します。

機械学習モデルを導入して実行

OTデータを使用して機械学習モデルを取得し、それらをアセット側で実行しながら、リアルタイムに修正内容を提供します。

食品および飲料業界の Litmus の顧客が、IIoTをどのように実現しているかをご覧ください

Bottled Water Industrial IoT Factory

ボトル入り飲料水のメーカーが、OTデータを活用し業務運用を改善

詳しく読む