LitmusのインダストリアルIoTプラットフォームは、
農産品の生育条件を最適化し、品質分析を実施して、
収穫量を拡大するために必要となるエッジデータと
分析結果を農業企業に提供します

Industrial IoT Agritech

生育条件の最適化

センサーに接続し、作物や土壌の健康に影響を与える水分レベル、日光、風速、その他の条件に関する監視データを収集します。 物理的な土壌サンプリングを使用する形態から脱却し、機械学習を使用して時間や費用を節約して完璧な生育条件を実現します。

収穫物の品質監視

全ての食品や作物の品質を監視し、ビジョンシステムデータを収集して分析することにより、手作業による検査を排除します。 作物が正しい時期に収穫されたかどうかを評価の上、生産物の品質を測定してその価値を決定します。
Industrial IoT Agritech

収穫量の増大

農業企業は、衛星によるイメージング、ドローン、ロボット工学、人工知能、ビッグデータ、灌漑技術、土壌技術などの複雑な収穫量効率化技術を採用しています。 これら全てのツールからデータを収集して分析の上、Litmusプラットフォームで共有します。

LitmusのインダストリアルIoT Edgeプラットフォームは、農業企業がエッジでデータの力を最大限に活用する
ための手段をシンプル化します。

あらゆるアセットに接続

250以上のビルド済みドライバーを使用しセンサーからフィールドロボット、さらにビル制御システムに至るまであらゆる農業用アセットに接続し、わずか数分でデータを収集します。

クラウドシステムにデータを送信

農業データをクラウドシステムに送信して、農家、エンジニア、データサイエンティスト、またはビジネス全体の誰もが簡単にアクセスして分析できるようにします。

容易に拡張

一元化された管理と制御により、あらゆる場所へ容易に拡張することができます。 大量展開に向けテンプレート化されたパラメーターを使用して、50台以上の農業用ロボットに対して一度に展開を行うことができます。

Litmusの農業関連顧客がIIoTをどのように
実現しているかをご覧ください

食品メーカーが収穫量改善に向けアグリテックを最大限に活用

詳しく読む